20150726 peridots@LIVING ROOM

01. TIME
02. After Blue
03. 話を一つ
04. Head to Toe
05. リアカー  
06. Raining,raining
07. Follow the Stars
08. よるが来る  
09. "shoulder"
10. Tomorrow, My Friend
11. ココロノナカ
12. 労働
13. Smile
14. One Last Serenade

En. Teenagers



-------------peridots E&W alone 2015-------------

今日は待望の静岡公演。
毎年地元に来ていただけることを本当に嬉しく思います。
会場も小さいし、遠征客の皆さんが多いのも
承知していますが、それでも毎年満員御礼で
お迎えできることに感謝の気持ちでいっぱいです。

---------

定刻を少し過ぎた頃に入口からタカハシさんが
普通にお散歩帰りな雰囲気で登場。
荷物を下してチューニングされてたところに
1名遅れてきた方がいらして、
タカハシさんまでもが「いらっしゃいませ」。
少し場が和んで、そろそろと思ったら
更にもう1名遅れてきた方がいらして
またもや「いらっしゃいませ」と。
客席が落ち着くまで始めない心配りに改めて感心してました。

「いらっしゃいませ・笑。
ようこそいらっしゃいました、peridotsです。
何か今日(静岡)人少なくないですか?
気のせいですか? ひっそりしてて・・。
楽しんで行って下さい。」
 
 暑すぎるし、七間町の寂れ方半端ないし
 昨日花火大会だったから人いないんですよーと
 思いながら聞いていました・笑

01. TIME
02. After Blue
03. 話を一つ
04. Head to Toe
05. リアカー  
06. Raining,raining

 初日入間とは違い、ここまでMC無しで
 ひたすら歌い上げられたタカハシさん。
 そして、ここからのMCがちょっと意外な内容でした。

------ちょっと長いMC①------ 

僕、7月15日に国会前に行ってきたんです。
そんなタイプじゃないんですけど(みなさんもお分かりだと思うんですけど)
全くそんなタイプじゃないんですけど(←2回目)
あまりにも頭に来て、居ても立っても居られなくなって。
(中略)
こういう事を話している事はすごく違和感。
基本的には言いたいことは歌に託していて・・
(中略)
僕、本当にこんなタイプじゃないんですけど(←3回目)
どうしちゃったのとか思わないでください。
・・あまりにも酷すぎるので。
・・何故か静岡を選んで言ってみました・笑

 長いことperidotsのLIVEに足を運んでいますが、
 こんなに熱く語る(訴えるのほうが適切か?)タカハシさんは初めて見ました。
 ご本人も違和感とおっしゃってる位なので、普段のMCにはない珍しい光景。
 最後は柔らかい言葉で〆てくれましたけど、
 この時点で、タカハシさんの言葉や歌詞がグルグル。
 そしてまだ終わらないMC。

この間、横浜で演ったんですけど お客さんもスタッフもたくさん来ていて
そこでこういう事を言うと
「あいつどうしちゃったんだろ」って思われたら困るので、静岡にしました・笑

 もう1回、クールダウンさせてくれる言葉を貰ったけど
 心がザワザワしていました。

さて。(ここでギターの上で腕を組み、更にお話しが続きそうな雰囲気)
インスタにくだらない写真上げたりしたんですけど。
時間をつぶす為にぶらぶらしていたんですけど
あまりにも、、たまたまなのか、、
静岡ってちょっかい出したくなるものが色々あって。
写真上げたのもそうなんですけど、
ちょっかいというか気になるものがたくさんあって。
さっきも「ヘアーサロンカオス」っていうのがあって
「絶対行きたくない!めちゃくちゃにされる」等語られた後に
・・いい街だなーと思いましたとか何とか
タカハシさんらしい言葉で静岡を形容していただきました・笑

07. Follow the Stars

・・MCと歌詞がシンクロしたのは偶然です。

 や、絶対偶然なんかじゃないよね。
 しかも、その時は気が付かなかったけど
 このセトリとMC・・もっと真摯に受け止めなければ。

次は新しいAlbumの中から1番カオスな曲をやりたいと思います!
ということで予想通りの〔よるが来る〕
何だろうなぁ、この曲、聴けば聴くほどハマってしまう。

08. よるが来る  
09. "shoulder"

------ちょっと長いMC②------

7/8に4枚目のフルアルバムPEAKをリリースいたしまして
今回のアルバムほど皆さんの反応が早く聴きたかったアルバムは無くて
本当にスタッフミュージシャン一同びくびくしながらリリースされたわけなんですけれども(笑)
本当に思いの外、ちゃんと受け入れていただけまして、
気に入っていただけたようで、安心しております。

他の所でも言ったんですけど
・・1人の、曲がりなりにもアーティストとして
作品を出し続けていくわけですけど
4枚もフルアルバムを出して、どいういう風に歩んでいくかとか
どういうふうに変わっていくのか、変わっていかないのかは
誰も教えてくれない・・教科書があるわけでもないですし
その人それぞれ色んな思いで作品を作っていくわけですけど
僕も、こんなことやってますけど
今考えると何も考えずに始めたんだなっていうのがあって
結局・・何か大変なとこにきちゃったなーっていうか
ずーっと作品を出していかなきゃいけないだなっていう
あたりまえのことなんですけど
皆さんの期待を裏切りながら応えながらやっていくということが
大変なところもあるし、エキサイティングだなってところもあるし。
本当にね前作までは勢いで来たところもあって
今回はこう・・  「まあ、いいや」

 えー、ここで止めますか? まあ、よくないです(><)
 客先のザワザワに対し
 「凄いつまらない話ししてる気になってきた」とおっしゃりつつも、続けてくださいました。

peridotsが大人として、大人になったperidotsが初めて作った作品というところが気持ちとしてあるので、
今回のアルバムが4枚目のアルバムとして完成したことが凄く嬉しいです。
・・・
本当にわからないものだなって思うんですけど
自分たちが作って、推し曲みたいなの作るじゃないですか?
蓋をあけてみて、どの曲がみんなに気に入ってもらえるのかが本当にわからなくて
ANYWAYを推し曲にしてラジオとかでかけてもらってるけど
ANYWAYが大好きですって人は聞いたことがなくて。
で、次にやる曲が、今まで色んな人の話を聞いた中で
一番気にいっていただけているみたいで
本当にすごい意外で、一番無いんじゃないかなという感じで(僕の中では)という
長---い前振りののち〔Tomorrow, My Friend〕

10. Tomorrow, My Friend
11. ココロノナカ

12. 労働
13. Smile

今日は喋りすぎました
行き当たりばったりでしゃべってるとこうなります←

14. One Last Serenade

本編が終了し、出入口から店舗外へ。
去年はパントマイムみたいなこと見せてくれたけど
今年はめっちゃ勢いつけてドカドカ入ってきた・笑

(アンコールに登場して)
------ちょっと長いMC③------

ありがとうございます。

えっと、多分ですけどaloneは今年で最後に・・

暫くやらないと思います、多分。

aloneて形ではなく弾き語りのライブはやるかもしれないけど・・


 客席動揺しまくり。
 ・・で、それを感じ取られたからだと思いますがまた、我々を和ませることばをくれました。


LIVINGROOMは何がいいかって
ポスターが貼りすぎてないところがいいですね!
ありがとうございました。

En. Teenagers


こんな感じで静岡公演は終了。
改めてセトリ見て、MCの内容振り返って
タカハシさんからの強い想いのこめられたLIVEだと思った。

alone終了なお知らせで、大好きなTeenagersを聴いても
前向きな気持ちになれなかったけど
自分なりに、色々考えてみようと思う夜になりました。


次回は岡山。会場好きすぎて皆勤賞。
次行くまでに、気持ちが整理できていたらいいけど、どうなることやら。
[PR]
by heartbeat5019 | 2015-07-26 23:34